手打ち蕎麦、今年は本気でやってみる!

久しぶりに蕎麦を打ちました。

f:id:marorosoba:20170108000313j:plain

趣味で始めた手打ち蕎麦ですが、少しだけ打てるようになってからずっとほったらかしでした。

2年ぐらいは全く手をつけてなかったような(^^;


何とか思い出しながら、蕎麦粉が8割のニハチ蕎麦を打ちました。

f:id:marorosoba:20170108000346j:plain

やはり、ブランクが長かっただけに大変。


今年は気合を入れて、手打ち蕎麦をものにしたい。

しかし課題は多いです。

f:id:marorosoba:20170108000412j:plain

  • 麺体を四角くのす(大きくのばす)とき、いかに均一に薄く、しかもきれいな長方形にしあげるか

  • 麺体を包丁で切るとき、いかに均一にマッチ棒の太さにそろえるか

f:id:marorosoba:20170108000437j:plain

と、とりあえずはそこから克服したいです。


趣味として始めたものの、ある程度のレベルまで達したいです^ ^

コードレス掃除機、マキタよりダイソンを選ぶ理由はここにあり。高くても絶対後悔なし!

マキタのコードレス掃除機ってそんなにいいのか?

このところマキタのコードレス掃除機がすばらしい、とよく見かけます。

しかし、実際のところどうなのでしょうか?

私自身、これまでマキタのコードレス掃除機を2台購入し、それなりに満足しマキタ信者になっていました。

しかし、CMで有名なダイソンのコードレス掃除機を実際に使ってみたところ、これが本当にすばらしい!!!

今では、使っていたマキタを知人に譲り、ダイソンのみで暮らしてます。

そんな大好きなダイソンのコードレス掃除機ですが、マキタのものと比較して何が決め手で乗り換えたのかメモします。


◆マキタのコードレス掃除機

マキタといえばインパクトドライバーいった電動工具が有名ですが、ビルなどの清掃のプロがマキタのコードレス掃除機を使っているのをよく目にしていました。

これまでまともなコードレス掃除機を使ったことがなかった私は、充電式といえばパワーが弱い、バッテリーがすぐにヘタる、といった悪いイメージしかありませんでした。

しかし、清掃の現場などでマキタのコードレス掃除機をよく見かけているうちに、現場で使えるタフなヤツ、と洗脳されていったのです^^;

気がついた時、自宅玄関にはマキタのコードレス掃除機が届いてました。

CL102というタイプ、しばらくしてCL140という強力タイプも買いました。

マキタ充電式クリーナー専用スタンド

2つの違いは、CL102は吸い込んだゴミが紙パックに溜まるタイプで、CL140はより吸引力が強く、ゴミは本体内のカップにそのまま溜まるタイプです。

2台ともよく働いてくれました。


しかし使っていくうちに

  • ゴミ捨てを怠り排気が臭い

  • 匂いと一緒にこまかなホコリをまき散らしているような・・・

  • スイッチを切ったとき本体内からゴミがこぼれ落ちてくる

  • カップ式ゴミホルダーからゴミを捨てる時、細かなハウスダストが辺りに広がる

といった事が気になりだしました。

現場ではOK、でも家庭内では・・・(-_-)

そんな頃、バッテリー劣化や内部ファンのゆるみなどあり、思い切ってダイソンのコードレス掃除機を買ってしまいました。


◆買ったのは、DC74という本体や充電器の他に各種ノズル付

f:id:marorosoba:20170104195354j:plain

なぜ、それまでダイソン掃除機を買わなかったかというと、見た目がプラモデルのオモチャのようで、ザツに扱ったときの耐久性が心配。

そして何より価格が高い、とても。

コードレス掃除機は、あくまで100ボルトのコード付き掃除機の予備という考えでした。

だからコードレス掃除機に5万円以上は論外だったのです。

しかし、ヨドバシカメラ梅田で、長々とさんざん現物を触ってから、とうとう買いました。


結論からいうと、ダイソンのコードレス掃除機は本当にすばらしい!!!

気に入った理由は

  • いうまでもなく吸引力が十分に強力

  • 本当に細かなホコリまで吸い取り、排気からは悪臭なし

  • 標準のモーターヘッドはフローリングに落ちた粉末や細かなホコリも逃さない、また長~い髪の毛でも回転部分にからみつかない

  • クイックルワイパーよりも確実にきれいになる

  • 小型モーターヘッドでは、布団のいろんな毛、ダニ対策もOK! 布団専用掃除機なんていらない!

  • 壁掛け式スタンド兼充電器で、サッと使えて常にフル充電!

  • ロングパイプはアルミ製で強度十分

  • 各ジョイント部の作りもしっかりしていて耐久性OK

  • Amazonで探せばオプションノズルやバッテリーも安い

  • 吸引したゴミが見えて、掃除した感が楽しい

  • アフターサービスがホント迅速で神対応

と、いいとこずくめでした。


dysonV8は旧モデルの半分の静音性を実現!実際に比べてみた!

この掃除機の他にメイン掃除機としてミーレのハイパワーなコード式掃除機を持っていますが、今では完全に保管状態です^^;

やはり軽くてフットワークがいいのが超便利。

ミーレ キャニスター掃除機 CompactC2 カナリーイエロー SDAO0CY


ダイソンのコードレス掃除機だけですべて事足りてしまう

しかし、そんなお気に入りのダイソン君、1年半ほど毎日酷使して困ったことが。

標準モーターヘッド裏面の幅5ミリ位の横長モールが外れ3cmほどブラブラしているのに気付きました。

f:id:marorosoba:20170104200909j:plain

早速ダイソンお客様センターに電話し、モール部分だけ購入して交換することに。

するとどうでしょう、なんと、保証期間の2年がまだ過ぎていないということで、ヘッド部分をまるごと無料で新品交換してくれたのです!

驚きでした(゜o゜;


確かに本体価格は、マキタや他のコードレス掃除機より高いです。

しかし、メイン掃除機として日々思いつくままに、モップ感覚で掃除機をかけられるメリットはとても大きく、悩みながら、無理して買っても損はないレベルの満足度でした。

ほんとにおすすめです^^

都島神社、元旦の参拝客おおすぎ!

f:id:marorosoba:20170104215408j:plain

お昼過ぎ、そろそろ初詣でも行こうかと出かけました。

今年のおみくじは何がでるかな、と悠長に考えながら到着したらなんと大行列。

信じられない光景に圧倒され、日を改めることにしました。

大阪市中央卸売市場でマグロをゲット。安い、うまい! スーパーなんかでもう買えない。絶対行ってみる価値あり!

仕事が休みの時は、近所のスーパーに買い物に行きます。

最近は野菜が高いですが、肉好きの私にはあまり関心がありません。

そんなことより、魚の刺し身が食べたくて鮮魚コーナーに行ったときのことです。

いろんな刺し身が並ぶなか、マグロやサーモンが何となく人気のようでした。

マグロは売り場面積も広く、すぐに目に入る配置でした。

一つ買おうと思い、脂がのったおいしそうなマグロを見ると、90グラム入りで600円近い値段。

90グラムという量は、大食いの自分には満足ならず、値段を見てすぐに移動しました。

しかし、レジ手前で、鶏のもも肉をやめてやはりマグロにすべきか、と考えていた時、ふと思い出したのです。

  

そうだ、中央卸売市場に行ってみよう!

f:id:marorosoba:20161217233417j:plain

そこで、福島区にある大阪市中央卸売市場に行ってきました。

茨木市にある中央市場には数回行ったことがありますが、福島区の市場は初めて。

規模でいうと、福島区の市場が大阪では一番大きいようです。

市場に到着したのが朝6時前、空はまだ薄暗いです。

すでにセリは終わっていて、各お店もそろそろ片付けモードといった雰囲気。

あまり早いと、市場全体がはげしく殺気だっていたりするので6時ごろが良さそうです。

一般客はお断り、という決まりはないでしょうが、その姿はほとんど無かったような。

市場内は縦横の狭い通路が行き交っていて、店の外の通路まで発泡スチロールの箱に入った新鮮な魚介類が積まれていました。

f:id:marorosoba:20161217232855j:plain

そんな中を忙しく仲買人やお店の人が行き来するので、のんびりと魚を吟味する余裕はあまりないです。

ところどころ広い通路がありますが、そこは三輪の運搬車がジグザク運転で人をかき分けて突っ込んで来ます。

油断しているとマジでひかれます。

一般人が来たと、邪魔者扱いされないよう、自分も商売人のようにズンズン進んで行きます。

初めてで下調べもしておらず、とにかく歩き回りながら、チラチラと魚を見ていました。

そんな中、お目当てのマグロを扱っているお店は以外に多く、どの店がシロウトにも親切に応対してくれそうか考えていました。

それにしても売っている単位が大きそう。

切り分けたマグロの大きさが、食パン一斤ぐらいのものばかり。

デカすぎ、コストコよりもデカイい。

そして、ふと見つけたのが写真のお店。

f:id:marorosoba:20161217232913j:plain

まぐろの背骨に残った部分、一般に なかおち というやつです。

なかおちはうまい、と聞いたことがありますが、これまで食べたことがありません。

大きなマグロのブロックを買っても食べきれないので、なかおちを買うことに決めました。

恐る恐る作業をしていたお店に人に話しかけてみると、なかおちは量が少ないので、だいたい予約しておかないと無理、と言われてしまいました。

  

しかしねばっていると、少しでいいならOKとのこと!

値段は

 キハダマグロ 500グラム 1500円

 本マグロ   500グラム 2000円

f:id:marorosoba:20161217232909j:plain

なんだか、高くないか・・・。

しかしせっかく来たのだから、本マグロ買いました!

500グラム、初めは少ないように思いましたが、透明の少し大きめの容器に入ったなかおちは以外とずっしりと。

夜、適当な大きさに切りそろえ、お刺身として盛り付けました。

お好み焼き用の大皿に入りきらないほどの量!

生臭さがないか少し心配でしたが、わさび醤油をつけて、パクリ。

  

うっ、うまいィーーー!!!

心配した魚臭さは全くなく、口の中で溶けるような感触はまさにトロ。

一般的な回転寿司のネタで比較するなら、個別注文の上トロより確実にうまかったです。

回転寿司でも上トロはいいお値段ですが、それと比較すると500グラム2000円のなかおちは相当なお買い得商品だと納得しました。

中央市場、一度は行ってみる価値ありです。

f:id:marorosoba:20161217232847j:plain

もうマグロはスーパーでは買えません^^;

自分で料理できるかは別として、マグロの頭やカマは少し小さいのは捨ててました、無料ですよ!!!

他にも無料であら炊き用のアラなんかも手に入りそう^^

マグロに限らず他の魚やエビ、別棟には野菜や果物もお安く買えます。

年末は相場が上がりそうなので、行くなら早いうちか年明けがおすすめです。