読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市中央卸売市場でマグロをゲット。安い、うまい! 行ってみる価値ありッ

仕事が休みの時は、近所のスーパーに買い物に行きます。

最近は野菜が高いですが、肉好きの私にはあまり関心がありません。

そんなことより、魚の刺し身が食べたくて鮮魚コーナーに行ったときのことです。

いろんな刺し身が並ぶなか、マグロやサーモンが何となく人気のようでした。

マグロは売り場面積も広く、すぐに目に入る配置でした。

一つ買おうと思い、脂がのったおいしそうなマグロを見ると、90グラム入りで600円近い値段。

90グラムという量は、大食いの自分には満足ならず、値段を見てすぐに移動しました。

しかし、レジ手前で、鶏のもも肉をやめてやはりマグロにすべきか、と考えていた時、ふと思い出したのです。

  

そうだ、中央卸売市場に行こう!

f:id:marorosoba:20161217233417j:plain

そこで、福島区にある大阪市中央卸売市場に行ってきました。

茨木市にある中央市場には数回行ったことがありますが、福島区の市場は初めて。

規模でいうと、福島区の市場が大阪では一番大きいようです。

市場に到着したのが朝6時前、空はまだ薄暗いです。

すでにセリは終わっていて、各お店もそろそろ片付けモードといった雰囲気。

あまり早いと、市場全体がはげしく殺気だっていたりするので6時ごろが良さそうです。

一般客はお断り、という決まりはないでしょうが、その姿はほとんど無かったような。

市場内は縦横の狭い通路が行き交っていて、店の外の通路まで発泡スチロールの箱に入った新鮮な魚介類が積まれていました。

f:id:marorosoba:20161217232855j:plain

そんな中を忙しく仲買人やお店の人が行き来するので、のんびりと魚を吟味する余裕はあまりないです。

ところどころ広い通路がありますが、そこは三輪の運搬車がジグザク運転で人をかき分けて突っ込んで来ます。

油断しているとマジでひかれます。

一般人が来たと、邪魔者扱いされないよう、自分も商売人のようにズンズン進んで行きます。

初めてで下調べもしておらず、とにかく歩き回りながら、チラチラと魚を見ていました。

そんな中、お目当てのマグロを扱っているお店は以外に多く、どの店がシロウトにも親切に応対してくれそうか考えていました。

それにしても売っている単位が大きそう。

切り分けたマグロの大きさが、食パン一斤ぐらいのものばかり。

デカすぎ、コストコよりもデカイい。

そして、ふと見つけたのが写真のお店。

f:id:marorosoba:20161217232913j:plain

まぐろの背骨に残った部分、一般に なかおち というやつです。

なかおちはうまい、と聞いたことがありますが、これまで食べたことがありません。

大きなマグロのブロックを買っても食べきれないので、なかおちを買うことに決めました。

恐る恐る作業をしていたお店に人に話しかけてみると、なかおちは量が少ないので、だいたい予約しておかないと無理、と言われてしまいました。

  

しかしねばっていると、少しでいいならOKとのこと!

値段は

 キハダマグロ 500グラム 1500円

 本マグロ   500グラム 2000円

f:id:marorosoba:20161217232909j:plain

なんだか、高くないか・・・。

しかしせっかく来たのだから、本マグロ買いました!

500グラム、初めは少ないように思いましたが、透明の少し大きめの容器に入ったなかおちは以外とずっしりと。

夜、適当な大きさに切りそろえ、お刺身として盛り付けました。

お好み焼き用の大皿に入りきらないほどの量!

生臭さがないか少し心配でしたが、わさび醤油をつけて、パクリ。

  

うっ、うまいィーーー!!!

心配した魚臭さは全くなく、口の中で溶けるような感触はまさにトロ。

一般的な回転寿司のネタで比較するなら、個別注文の上トロより確実にうまかったです。

回転寿司でも上トロはいいお値段ですが、それと比較すると500グラム2000円のなかおちは相当なお買い得商品だと納得しました。

中央市場、一度は行ってみる価値ありです。

f:id:marorosoba:20161217232847j:plain

もうマグロはスーパーでは買えません^^;

自分で料理できるかは別として、マグロの頭やカマは少し小さいのは捨ててました、無料ですよ!!!

他にも無料であら炊き用のアラなんかも手に入りそう^^

マグロに限らず他の魚やエビ、別棟には野菜や果物もお安く買えます。

年末は相場が上がりそうなので、行くなら早いうちか年明けがおすすめです。