自宅コンロでダッチオーブン 「そのままキャベツ」編

我が家は共働きです。

そのため家事などは適度に分業です^^;

メインは洗い場担当ですが、不定期にコックを命ぜられ、夕食の一品当番がやってきます。

何か作れと言われれば作りますが、私はかなりアバウトな性格。

出来上がる一品にも、そんなところが大いに出ているような。

ほとんどアドリブに近い料理、それでは開始です^ ^

 

今回は、キャベツ丸ごと煮 名は「そのままキャベツ」

ダッチオーブン

本当は屋外でアウトドアクッキングがしたいのですが、行く機会があまりない。

自分が少しでもアウトドア気分に浸るため、というより大雑把なだけですが(^^;;

使うダッチオーブン

   SOTOのステンレス製の10インチ

 

ダッチオーブンはコレを含めて大小4つぐらい持っていました。

しかし、錆びずにお手軽なこれだけが手元に残りました。

f:id:marorosoba:20170211193124j:plain

 

今回の食材は、冷蔵庫に残っていたキャベツや人参や鶏肉などが中心です。

思いつくままに適当に大きく切って詰め込んでいきます。

キャベツは、1玉全部が基本。

2~3枚外側の葉を捨ててから水洗いし、まな板も使わず鍋の上で鷲掴みで包丁でさばきます^^;

おっと、人参は鍋の下の方が柔らかくなりそうなので、先に入れます。

 

 

f:id:marorosoba:20170211193723j:plain

次は業務スーパーの、小さなジャガイモと玉ねぎ。

ジャガイモはタワシでこすって汚れを落としそのまま投下。

玉ねぎも小さいタイプなので、そのまま入れます。

胸肉はいちおう先にコショウとニンニクで軽く焼き目を付けました。

 

 

f:id:marorosoba:20170211194202j:plain

次、

残ったキャベツを再び鍋の上でざく切りです。

味付けとして

  トマト缶1個

  SBのカレーのもと

を適当に振りかけ

  コンソメのキューブを2つ

入れておきました。

そしてコップに1杯ほどの水を入れ、完成です^^;

 

ここまでで、20分ほど

改めて写真でみると、ほんとザツですね。

 

あとは、コンロに火を付け一番弱火で1時間ほど放置です。

 

f:id:marorosoba:20170211195016j:plain

具が平たいのは、中身が多すぎて蓋が閉まらなかったのを無理やり閉めたからです。

見た目は非常に悪いですが、お皿に盛り付けて食べてみると

 

   そうとうにウマいです^^

 

あの硬いキャベツが、ウソのようにトロトロになり、いくらでも食べれます。

程よいカレー風味とトマトの酸味が最高!

 

野菜不足解消にと、たくさん食べても絶対に食べきれない量です

翌日は、これをベースにカレーです。

 

 

f:id:marorosoba:20170211195910j:plain

こちらは、前にル・クルーゼをつかって作った「そのままキャベツ」

こっちの方が美味しそうですが、味は今回の方が上です。

ル・クルーゼ版は、キャベツを先に丸茹でにし、葉の一枚一枚にミンチを挟み込んでから元のキャベツの形に戻しています。

出来上がりの見栄えはいいです。

でも、食べる時に切ったり、スープの味が回りきっていなかったりでその以後キャベツを切るようになった訳です。

 

いちおう、今回のレシピ

 キャベツ      1玉(約160円)

 ジャガイモ(小) 14個(約130円)

 玉ねぎ(小)    5個(約130円)

 人 参       2本(約140円)

 ニンニク      2片(約 40円)

 鶏の胸肉      2枚(約250円)

 トマト缶      1缶(約130円)

 コンソメ      2個

 SBカレー粉     大さじ1

 ローリエ      2枚

 塩、こしょう、ソース、ケチャップ 適当

 水 コップ1杯

 

ダッチオーブンは、何を入れても美味しくなります。

水は、野菜から出てきますので少なめでOK

 

一番大切なことは、火加減は小で長時間です。

 

とろ火で長時間が、食材をおいしく仕上げてくれますよ^^