河川敷貸切バーベキュー。七輪よりA4君とFireBoxが最高な理由

店で手軽に焼肉を食べるのもいいですが、

アウトドア派の私は外で食べるのも大好きです。

 

理由は単純に、味が数段美味しいから。

とはいえ、 

外で焼肉をするには、いろいろと段取りが大変なものです。

 

何とか手軽に外で焼肉を、と

日頃からお手軽バーベキューグッズを探していました。

 

そして、見つけたのが次の二つ。

   A4君

   FireBox

悩んだ結果、Amazonで購入しました。

そして実際に使ってみましたので紹介します。

 

 

これまでは、BBQといえば七輪派でした

屋外での調理は可能な限り七輪で。

七輪は、今でも最高だと思っています。

蓄熱性がとても良く、遠赤外線がいい。

 少ない木炭で、どんな食材でもおいしくバーベキューができます。

肉だけでなく、魚など、何でもOK。

なにより、

後片付けもが簡単。

燃え残りの炭を取り出し

七輪本体が冷めるまで放っておくだけ。

水濡れだけ気をつければ、あとは適当。

ほぼ、メンテナンスフリーです。

そんなお気に入りのグッズですが、欠点もあります。

それは、

重たくて大きいこと。

そして、

蓄熱性が良いという長所が裏目にでて、収納したくても

七輪がいつまでも熱い、ということです。

 

これが原因で、七輪を自宅以外に持ち出すことが

次第に面倒になってきていました。

 

 

そんな七輪の代わりに

  焚き火グリル A4君

を購入しました。 

ネットでもかなりの高評価です。

このグリルの特徴は

  • ステンレス製でサビに強い
  • パタンパタンと折りたたんでコンパクト収納

です。

 

収納時は、100均で売ってるA4サイズのジッパー付き書類袋に

すっぽり入ります。

汚れ対策も問題なしです。

 

このグリル、確か鉄工所のおやじさんの趣味が高じてできたらしく

さすがに便利な逸品です。

 

 

そして、実際に使ってみました。

専用グリル鉄板か100均の焼き網を上に置いてバーベキューをすると

大人4人でも十分な広さ大満足でした。

 

そんなA4君、

ソロで使う時は少し多く感じ、もっとコンパクトなものも欲しくなりました。

 

 

次に見つけたのは 

   FireBox

 無骨で、なんだか頼もしい。

 

折りたたむと

ハガキとほぼ同じ大きさです。

ぶ厚めのオールステンレスで、

見た目以上にずっしりきます。

そのぶん耐久性は十分な感じで、サバイバル感が

とていいです。

 

A4君は板が少し薄いため、全体が真っ赤になるほど過激に使うと

熱で板が少し歪みます。

それに対してFireBoxは、度を超えた焚き火で火だるまになっても

たいした変形はありませんでした。

 

 

作りがガッチリなので、

10インチのダッチオーブンでも載せて調理ができるでしょう。

FireBoxは、アメリカ製のサバイバルツールです。

むこうではハンターも使っているとか。

万が一の災害時でも役に立ちそうです。

 

 

実際に使ってみました。

組み立てると意外と存在感があります。

 

木の枝や葉っぱをほり込んで着火。

すると、煙突効果でしょうか、

予想外に燃焼効率が高く少し太い枝でもよく燃えてくれます。

 

 

炎が落ち着き、鍋を乗せ

ラーメンや、鉄板で焼肉もしてみると

料理の使い勝手もかなり良かったです。

 

火種の種類やそれらの高さも細かく調節できるので

木の枝、炭、バーナーヘッド、アルコールストーブなど

イデア次第で、いろいろ楽しめます。

 

 

バーベキューだけでなく、

キャンプにもぜひ持っていきたいおすすめの逸品です。