車のヘッドライトステー折れ、修理見積り11万円が3千円で修理可能!

ヘッドライトユニットのステーを修理した話し

私の親は、かれこれ10年近くトヨタ・ラクテ乗っています。

夏に車検なので、馴染みのトヨタのディーラーで見積もって貰ったらしい。

 

f:id:marorosoba:20170615183101j:plain

見積もり価格、約25万円也!

 

あまり乗ってないし、もう車を手放そうか、と考えてしまう。

それにしても、高い。

走行距離は約6万キロ、いたって普通のノーマル状態。

見積書を見ると、左右のヘッドライトユニットを丸ごと交換。

ライトの爪が折れてる、が原因らしい。

工賃込みで約11万円

f:id:marorosoba:20170618081239j:plain

確認すると、ヘッドライトユニットを固定している3箇所のステーのうち

1箇所が左右とも折れていました。

フェンダー上部付近のプラスチック製のステーです。

f:id:marorosoba:20170618080506j:plain

「ヘッドライトユニットを交換しないと、車検に通らないですよ。」

トヨタ販売店の担当者から言われたようです。

 

この一箇所のステーの欠損だけで、ユニット丸ごと交換とは・・・。

その他の部分は全く問題ないし、バンパーも接触事故等があったわけでもなく正常です。

車に無頓着な老夫婦なので、担当者に足元をみられたのでしょうか。

 

 

何とか自分で修理できるかも

10年近く乗ってる車なので、ヘッドライトだけ新品にする必要は無いです。

ヤフオクで探しました。

1個1万円もだせば、十分きれいなユニットが手に入りそうでした。

調べていくうちに、ある出品者のライトに

  ステー補修済み

との文字をみつけました。

写真を見ると、ステーの部分にキャップのように被せるステーが付けてある。

 

f:id:marorosoba:20170618080148j:plain

どおも、折れたステーの補修用ステーがあるみたいでした。

 

寝屋川市にあるトヨタの部品倉庫に電話をかけ車台番号で問い合わせました。

対応が素晴らしく早く、

すぐにヘッドライト周辺のパーツ詳細図面と部品の単価表のFAXが届きました。

売ってました!

www.toyota-osaka-parts.jp

純正部品として、ステーの補修パーツがあったのです。

値段は

   1個  860円

正式パーツ名は、ヘッドランププロテクタリテーナです。

 

片側約5万円で交換を勧められたヘッドライトが、

わずか860円の部品の取り付けで、元通りに蘇るのです。

左右のライトのステー補修パーツとラジエータグリルやバンパーを固定している

クリップピン約10本も新品を購入し総額約3千円でした。

あとは実行あるのみ。

 

手順は、まずフロントバンパー外し

  • ラジエーターグリル上面を固定しているプラスチック製クリップピンをマイナスドライバーでこねて抜く
  • ラジエーターグリルを外す
  • フロントバンパーを固定している上面のクリップピンを外す
  • 左右前輪のタイヤハウス内にあるバンパー固定ネジとピンを外す
  • フロントバンパー下側にあるボルトを外す
  • フロントバンパーの左右のどちらかのフェンダー側からフロントバンパーをめくるように外す

という順番でバンパーが外れます。

f:id:marorosoba:20170615183107j:plain

バンパーを完全に外さなくても、ある程度バンパーが外れればOKです。

要は、ヘッドライトユニットを固定しているネジ3箇所がはずせればいいのです。

するとライト部分が脱着可能になります。

f:id:marorosoba:20170615183122j:plain

 

次は、いよいよ折れていたステーの修理

とはいっても、ここまでくればあとは簡単です。

ライト部分がネジで固定されたままでは、補助ステーが少し大きくてボディに引っかかり作業ができません。

そのため、わざわざバンパーを外しライト部分も外したのはこのためです。

 

この工程では使う道具は、ニッパーとカッターナイフです。

ニッパーでライトの割れた部分のステーをバチバチ切っていきます。

ある程度切れたら、購入した補助ステーを上から被せ、裏側からネジ1っ箇所で固定するだけです。

 

f:id:marorosoba:20170615183125j:plain

 

カッターナイフは、ニッパーで切ったステー部分の形をきれいに直線に整えるのに使います。

f:id:marorosoba:20170618081051j:plain

 

後は、これまでと逆の手順をたどり、バンパーを元通りにすれば作業終了です。

作業未経験者の私にもできました。

ネットで調べると、作業手順の写真や動画までたくさんあり、それほど苦労はいりませんでした。

時間的には、1時間30分ほどの作業でした。

 

注意する点は

ラジエターグリルなどを固定しているプラスチックピンは、外すとピンの爪が折れました。

車が古く、ピンの劣化が原因かもしれませんが、できればプラスチックピンは再利用は考えず新品交換がおすすめです。

 ※ピンは10箇所くらいありましたが、全てトヨタで買っても1500円程度でした。

 

 

終わりに

今回の作業は、馴染みのトヨタ販売店に車検見積もりをしたことが発端です。

あまりに提示金額が高く、車検の法定費用約5万円以外に

20万円近い金額の加算に驚いたからです。

   平成20年登録 トヨタラクティス (1500cc)

   平成29年度車検  245,954円(税込み)

 

最初は、安全第一で仕方のない金額かと思いましたが、

ヘッドライトユニット丸ごと交換が、特に納得できませんでした。

左右交換で、約11万円です。

しかし、トヨタ純正部品として売られている補修パーツ

   1個 860円

を入手すれば、素人でもできる作業でした。

 

後日、トヨタ販売店の担当者から車検日を決めて下さい、と催促の電話がありましたが、丁重にお断りしました。

 

今回の車検もそうですが、各電話会社のスマホ料金なども含め、知らないということで高い金額を支払ってきた、というのはありがちですね。

 

昔は違いましたが、自分の親も高齢になると何かと苦労が多いようです。

親孝行はしてきませんでしたので、今からでも助けになればと考えています。